演奏活動のご案内

演奏活動のご案内
長野二胡楽友会の演奏活動に関する情報をご紹介します。

Message&Report(2019)

演奏会

10月5日、篠ノ井有線放送様からのご依頼で、
長野市立南部図書館で開催された「第10回 虹色ふれあい朗読会」に
ゲスト出演しました。
「二胡と朗読のステージ」で作品朗読を披露し共演したのは、久保正彰氏。
はい、自宅で打ち合わせとリハーサル完了。便利です。
夫婦で皆様の前に出るのは、とても恥ずかしく、困ってしまうのですが、
良い緊張感の中、語りに音楽を交えた想像の空間を、大勢の皆様にお届けしました。
主人が選んだ夏目漱石作「夢十夜~第一夜」は、摩訶不思議な世界観の小説。
死を通し、男女の情の別れを、美しい言葉や文章で紡ぐ作品なので、演奏楽曲の選択は、大変難しかったです。
場面に応じ、「美麗的神話」「長相思」「相望」「陽関三畳」などを演奏しました。

9月25日、「二胡の日」にふさわしいイベントを、と企画したのが、
公演プロモーションのため長野市にお招きしたチェンミンさんによる、病院でのサプライズ慰問演奏。
長野赤十字病院の和田院長先生はじめ、病院側の全面ご協力をいただき、
吹き抜けの広い待合室にチェンミンさんの美しい音色が響き渡り、大勢の皆様に、
優しく穏やかな癒しの二胡を聴いていただき、感動をお届けすることが出来ました。
もう、皆様うっとり!でした。慰問演奏の意図を深く理解し、ご快諾いただいたチェンミンさんに心より感謝。
企画開催の準備、実施をお世話いただいた日赤関係者の皆様にも、感謝申し上げます。

演奏会

9月8日、長野市犀北自治会様からのご依頼で、
松代ロイヤルホテルで行われた「敬老会」にて、一時間の演奏会。
時折歌声も聞こえ、二胡を通してご一緒に音楽を十分楽しんでいただけたご様子。
写真は、お決まりのコーナー。「二胡は、2本の弦の間に弓が挟み込まれており、手を離しても弓が落ちませんよ」のパフォーマンス中。
この日、出演の昴クラスは初お披露目のドレス姿で、少しわくわく。
思い出に残る演奏会となりましたね。

7月26日、「二胡縁 第9回中国民族楽器の精鋭たち」コンサートが紀尾井ホール(東京)で開催され、司会と演奏参加してきました。
なんといっても、出演された演奏家が豪華!
前日まで、コンクールで審査委員長をつとめた朱昌耀さんは、日本初演の2曲を大御所の風格ある演奏披露で観客を魅了。
一方の孫凰さんは、若手奏者トップの評判通り、超技巧と圧倒的な表現力で圧巻の演奏。
本当に素晴らしく感動しました。最後は演奏家の先生方と夢の共演。
今回は、コンクール受賞者の当会生徒さんたちと一緒に舞台で演奏することも出来、幸せでした。

演奏会

7月7日、県障がい者福祉センター サンアップルで開催された「第22回文化芸能発表会」のゲストとしてお招きいただき、演奏してきました。
障がいをお持ちの皆様が、各々に素晴らしい演奏を披露される発表会で、その真摯な姿に大変心打たれ、改めて学ぶことが多い七夕さまの一日になりました。
この日、舞台初デビューの新入りメンバーは、中沢美子、滝澤陽子。

6月24日、近県9県からお集まりの美容関係の皆様がご参加した「第39回東海北信越美容研修会in長野」。
その懇親会での演奏依頼があり、市内3か所のホテルを2時間で移動。
メンバー4名(上野佳子、鮎澤洋子、増田孝子、青木美真)と共に、ドレスの裾をまくり上げ、ホテルの廊下を小走りで移動、車で次へ、の繰り返し。
忙しくても、面白く!楽しい経験。
大勢の皆様に二胡演奏を聴いていただけて、嬉しかったです。

演奏会

5月11日、五月晴れの快晴!というより、初夏のような暑さと日差しの中、連日大勢の来場者で賑わう「第36回全国都市緑化信州フェア 信州花フェスタ2019」のメイン会場=松本平広域公園(信州スカイパーク)内の県民ステージにて、緑と花々があふれる自然の中、気持ちがわくわく高揚する一方…、日陰もない場所での観覧の皆様や、バックの噴水の音が気になったり。
野外での難しさとも直面しましたが、それ以上に、松本教室のメンバーがとても張り切り、素敵な演奏となりました。
中国民謡のほか、情熱大陸やジャズはお客様も、奏者もノリノリでしたよ。
出演は、高山弘美、安田悦子、武井久美子、真嶋弥生、西澤恵子、手塚美穂、中島智史、大久保千津子、鮎澤洋子。
次は、6月8日12:10~の出演になります。

4月27日、長野市恒例のイベント「表参道芸術音楽祭」に出演。当会にとって、平成最後の演奏披露となりましたが、楽しみにお集まりいただいた皆様の前で、とても良い演奏が出来ました。「賽馬」も速度が揃い、精度もアップ!、平成のヒット曲から「ハナミズキ」や「恋」などを初披露し、新元号に向けた期待と希望を「光明行」に託し、大きな拍手をいただきました。この様子は、翌日の信濃毎日新聞朝刊にも写真付きで紹介され、良い記念になりました。先輩たちに温かく迎えられたデビュー組二人にとっても、忘れられない緊張と感激のステージになりましたね。

4月6日、上田市丸子の信州国際音楽村「ハーモニー文化祭」に上田支部メンバーが出演。美しい花の季節、美しい花咲く丘のホールに合わせて、「桜の記憶」「花は咲く」からスタートしました。日頃から、とても仲良いクラス関係と、穏やかで優しいお人柄が揃うメンバーたちが、この日に向けて特訓してきた運弓の生み出す音色がホール全体に響き合い、二胡のみ無伴奏で奏でる合奏が、とても美しかったです。情景音楽の表現に挑戦した「緑野」には、感動した、というお声をたくさんいただき、嬉しく思いました。

Message&Report(2018)

東京カメリアホールで武楽群先生の公演

11月23日、東京カメリアホールで武楽群先生の公演「楽縁~来日30周年記念音楽会」が開催され、演奏参加させていただきました。
演奏家として、また教育家、指導者としても日本の二胡界を牽引されてきた武先生の祝宴だけに、親交の深い在日二胡演奏家たちや、中国からは国家第一級演奏家である高揚氏も来日し、各々が素晴らしい演奏を披露。
二胡古典名曲を堪能できる演奏会となりました。
武先生の演奏曲は、「聴松」「燭影揺紅」「一枝花」ほか。
美しく魂の込められた音色が会場を魅了しました。
二胡がつなぐ縁、人と人、人と音楽をつなぐ縁、30年の偉業を物語る多くの縁がステージ上にも、会場全体にも溢れた感動的な記念公演。
師匠の充実したご様子の笑顔が、弟子の私には何より嬉しかったです。
エントランスには、画家でもある武先生の絵画作品も多数展示。
当会の孫弟子!さんたちからも、美しいお花で御祝の気持ちを添えてもらいました。

天地

11月8日、東長野病院様からのご依頼で、院内3病棟を駆け巡りボランティア演奏を行いました。
3会場各々で、皆様が楽しみに待っていてくださったようで、嬉しい限り。
患者さんや付き添いのご家族、職員の方々から温かい拍手をいただき、私たちも改めて、人の心に寄り添う二胡の音色、季節を彩り、人生と共にある音楽の素晴らしいさを実感し、とても良い勉強の場になりました。
演奏を届けることができるって、本当に幸せです。

演奏会

10月24日、長野市の救護施設旭寮様からのご依頼で、一時間の演奏会に伺いました。
まだまだ、珍しい楽器?! 皆様のよりお近くで見て、聴いていただく貴重な機会をいただきました。参加メンバーは、大久保千津子、上野佳子、稲垣雪江、鮎澤洋子、増田孝子。演奏後には全員に花束をいただき、昼食もご馳走になりました。温かくお迎えいただき、ありがとうございました。

9月26日、上田教室のメンバーで特老「ローマン上田」様へ慰問演奏。プログラムを決めてから、熱心に練習を重ねた効果が発揮され、「また来てね」と嬉しい言葉が次々と重なりました。
9月17日、昨年に続き長野市合戦場公民館様からのご依頼で、敬老会演奏。
9月11日、長野市三輪公民館での「元気塾」にて演奏会。無伴奏で、中国曲や日本曲などをお届けしました。音楽療法をご指導されていらっしゃる熊木かほる先生からも、とても良い刺激を受けました。二胡で出来ること、続けますね。

9月10日、千曲市治田公民館で、二度目の演奏会。皆様がとても興味深く聞いてくださり、演奏していても、とても楽しくなりました。

七夕の宵にもう一つ演奏会

今年は、長野も暑い日が続いています。
各地でイベントやお祭りなどが開催されていますが、屋外での演奏は楽器にも人間にも、あまりにも酷なので、少し夏休みです。

そんな中7月25日、長野市飯綱町へ演奏に出かけてきました。
真夏とはいえ、緑陰からの涼風はさすが高原の風。
窓の外いっぱいに広がる森の景色にも心癒されました。会場は町民会館。
町で主催している「飯綱大学」からのご依頼で、公開講座となる演奏会。
受講生と地域の皆様に温かくお迎えいただき、10時から90分間演奏を披露しました。
二部では、この機会のご縁をいただいた椿クラスの永井弘治さんと、いつも飯綱の美味しい旬を届けてくださるりんどうクラスの松澤芙美さんにも登壇いただき、一緒に2曲合奏しました。
お二人の頑張りにも、地元の皆様からの応援と大きな拍手をいただき、嬉しかったですね。
一番近い高原リゾートの町飯綱。更に好きな場所になりました。

七夕の宵にもう一つ演奏会。
7月7日、あたりが暗くなり始めた頃、子供たちの可愛らしい願い事が描かれた手作り灯篭のキャンドルに灯りが揺れる会場は、とても素敵な雰囲気。
大きな窓の外に広がる夜空には、残念ながら天の川は見えませんでしたが、千曲市白鳥園主催の七夕イベントは、多くのお客様と夢見る子供たちの願い事に囲まれ、二胡の音色も広いレストラン内で美しく響いてくれました。
幸せな七夕の一日でした。

七夕の宵にもう一つ演奏会

7月7日、長野市栗田の「ふれあい会館」ホールにて演奏会。
一時間のプログラムのラストは、全員立奏で♪情熱大陸。そして♪喜洋々。
ステージから下り、お客様のすぐそばでの演奏は、メンバーにとってすごい緊張とプレッシャーでしたが、そのご褒美に、演奏後には役員・地区の皆様が心をこめてご用意して下さったおそばとかき揚げを、お腹いっぱいご馳走になりました。
演奏を喜んでいただいた上、温かいおもてなしをいただき、嬉しかったです。
長野の街に二胡の音色を届ける私たちの願い事が、また今日も叶いました。

長野市トイーゴ広場にて「表参道芸術音楽祭」

5月26日、長野市柳原地区の10周年記念イベントにて演奏。快晴の中、屋外ステージで演奏者7名全員で立奏演奏を披露しました。
リハでは、カッコよく!絵になる!!立ち姿も練習。お集まりの皆様からも、「こんな二胡演奏も素敵」とお声掛けいただきました。
次は、ダンス付き?かも。いつの日か…乞うご期待。

5月23日、長野市川中島町新田公民館にて演奏。
サウンドチェックの時から、早くもお集りの方々は興味津々で、急遽質問とリクエスト曲の受付。
本番では、しっかりリクエストを入れたプログラムに変更し、楽器や演奏法に対する質問にもお答えするコーナーを設けました。喜んでいただき、何よりです。

4月29日、長野市トイーゴ広場にて「表参道芸術音楽祭」に参加演奏。
プログラムは、「南泥湾」「風林火山」「賽馬」ほか。市内で、メンバーたち一緒に♪賽馬を披露するのは、初。しかも高速!!
私としては、とても嬉しく幸せな瞬間でした。
お客さまの反応も良かったですね。
今後はこれも、レギュラー曲に致しましょう。

上田市丸子の信州国際音楽村主催の「ハーモニー文化祭」

4月21日、上田市丸子の信州国際音楽村主催の「ハーモニー文化祭」に出演しました。
いつもなら、丘一面を黄色の水仙が埋め尽くし、枝垂れ桜の古木が薄紅色の花を満開に咲かせる頃なのですが、今年は花の時期が早く、遠くに望む烏帽子岳の雪解けも大分進んだ景色となりました。

ステージ写真は、丸子教室の依田京子代表が始まりの挨拶をしている場面。
温かなお人柄が伝わり、二胡愛に溢れた言葉で進行しました。
木のホールに、美しい音色が響き、特に♪「島の風」合奏が、評判でした。


4月14日、SBC信越放送様主催のイベントへの出演依頼で、松本市やまびこドームで初演奏。

出演メンバーは、松本教室から高山弘美、真嶋弥生、武井久美子、安田悦子、西澤恵子、サポートの大久保千津子。
卒業メンバーたちも見守る中、練習を重ねた成果が発揮された良い演奏ができました。
次の出番のタレントあばれる君も、同じ控えテントでしたね。

二胡縁 第7回中国民族楽器の精鋭によるコンサート

4月7日、東京日中友好文化会館大ホールにて、日本二胡振興会主催による「二胡縁  第7回中国民族楽器の精鋭によるコンサート」が開催され、演奏参加と司会進行を担当してきました。

今回の大御所演奏家は、蒋才如(ジャン  ツァィ  ル)先生。
3日間の日本滞在でしたが、東京での公演が実現し、素晴らしい演奏を鑑賞する機会に恵まれました。
先生の演奏曲は、「一枝花」「葡萄熟了」「河南小曲」「万馬奔騰」。
そして、アンコールに「ふるさと」と「台(手ヘン付)花喬(車ヘン付)」。
圧倒的な技巧と、繊細かつ大胆に自由に操られる弓からの音色。その音楽性の表現力を作り出す、先生ご自身の人間性。
エネルギッシュでパワフルで、時にお茶目で、またまた改めて、二胡が作り出す音楽の多様さに感動しました。
そして、今回の目玉の一つは、蒋先生が54年前に作曲された名曲「北京有個金太陽」を、一緒に合奏演奏できるということ。
あのリズム、あのメロディを作った先生が、目の前で同じ曲を演奏してる!!感激でした。

この大合奏には、当会から8名参加させていただきました。
皆、この日を目標に更に上達。一生の記念に残る一日になりました。

参加者/鮎澤洋子、青木美真、大久保千津子、西沢昌子、丸山貴子、松尾恵子、渡辺和美、鈴木美香

3月29日、豊野町公民館のコンサート「二胡の奏で」には、大勢お集まりいただき、ありがとうございました。
2部構成で、休憩をはさみ2時間の内容でしたが、皆様とても熱心に、そして心から楽しんで聴いていただいたご様子。
演奏していても、その様子がわかり、とても楽しかったです。

参加メンバーは、大久保千津子、上野佳子、増田孝子、鮎澤洋子、青木美真、西沢昌子。

須坂支所

寒い間、少し演奏活動をお休みし、しっかり練習する充電期間をもちました。
春の訪れとともに、いよいよ今年も皆様のもとへ伺い演奏させていただく機会が増えていきます。

3月10日、JA須坂支所様からのご依頼で、総会にて演奏をご披露しました。
当会からの奏者は、昴クラスの鮎澤洋子&増田孝子。
二人とも、指導者養成コース修了のエース。
美しい音色で奏でる二重奏も、素晴らしいです。
みっちり練習を重ねて、自信をもっての演奏披露。

皆様に大変喜んでいただき、二人にも笑顔がはじけています。

Message&Report(2017)

SBC信越放送ラジオ番組「ミールケアPRESENTS 大人音楽倶楽部」

メンバー3名が、SBC信越放送ラジオ番組「ミールケアPRESENTS 大人音楽倶楽部」にゲスト出演させていただきました。
収録は、10月22日。SBC本社ラジオ局一番大きなGスタジオはもちろん、3名ともラジオ番組に出演するのは初めての経験でしたので、少し緊張の面持ちでした。が、武田徹パーソナリティの笑顔と軽妙なおしゃべりで、3名それぞれの個性が生きたトークが展開できました。 武田氏はこれまでにも、当会主催の演奏会やイベント演奏会場に来て下さるなど、二胡に対する興味と理解度は満点!
以前、来県したチェンミン氏が武田氏担当のSBCラジオ音楽番組に出演された際には、自前のハーモニカを持参。急遽、二胡との共演を熱望し、本番でコラボを見事実現したほど。
今回も、楽器や音色、楽曲に高い関心を寄せ、次から次へ繰り出される質問に、3名が答えていく内容。
それぞれが語る二胡愛に共感し、感心し、二胡の話だけでなく、メンバーそれぞれの持ち味、魅力を引き出してくれました。

二胡との出会い、仲間たちのこと、自分の生き方と人生、二胡とのかかわり…など。この番組企画を通して、出演者自身が、自分と向き合う良い機会を得られたようでした。
番組中流していただいた楽曲は、4月「善光寺表参道芸術音楽祭」での演奏から、3曲。写真は、右から武田徹パーソナリティ、上野佳子さん(長野市)大久保千津子さん(松本市)西澤恵子さん(上田市)。
収録後、少しほっとした笑顔です。

SBC信越放送ラジオ番組「ミールケアPRESENTS 大人音楽倶楽部」

10月1日、JR長野駅前善光寺口駅前広場にて「長野新幹線開業20周年記念イベント」に参加、演奏を披露させていただきました。
長野新幹線「あさま」デビューに伴い、駅舎が新しく建て直され、駅前広場も広く機能的になり、街の玄関が大きく様変わりしてから20年。
演奏参加者もそれぞれの思い出と共に、良いお天気の屋外で、気持ちも晴々と演奏。
駅前広場らしく、旅の荷物を抱えた方や、なごやかなご家族連れ、学生たちなど、年代も様々な方が大勢足を止め、お忙しい時間のひと時を楽しんで下さいました。

9月は、毎年「敬老の日」の催しで、たくさんお声をかけていただきます。
皆様、熱心に聴いてくださり、終了後には楽器や、曲に対する質問責めもしばしば。
その向学心、興味の持ち方が若さとお元気の秘訣です。
いつもいつも、たくさんのことを教えていただく、勉強の場となっています。
今年も、ありがとうございました。

長野市勤労者女性会館しなのき様主催「夕涼みコンサート 2017」

7月15日、長野市勤労者女性会館しなのき様主催「夕涼みコンサート 2017」に出演させていただきました。ホールステージでは、とてもお洒落で機能的な可動式反響版が大活躍。おかげさまで、二胡の音色を生音でお届けすることができました。大勢のお客様にも、ご堪能していただけた様子。大きなアンコールの拍手をいただき、嬉しかったです。「牧羊女」「北京有個金太陽」「良宵~合奏」「花は咲く」ほか。
途中、お客様に対し「二胡の生演奏、初めての方は?」と伺ったところ、ほんの数人の挙手。10年前なら、ほとんどの方が手を挙げていたのに、月日の流れを感じます。と同時に、ここ長野で二胡を知り、興味をもって、愛して下さる方が増えてくれたことに、心から喜びを感じました。ありがたいことです。
参加メンバー/鮎澤洋子 増田孝子 上野佳子 市川玉枝 西沢昌子 稲垣雪江

7月11日、長野市特養「プリマベーラ」様からのご依頼で、ボランティア演奏に伺いました。メンバーは、心優しい人柄が、そのまま温かな音色を奏でる麗(うらら)クラスメンバー5名。熱心に練習を重ね、入所者さまや、近隣の地域の方々大勢の皆様に喜んでいただける演奏をお届けすることができました。

日本二胡振興会主催「二胡縁」公演、初の欧州公演の舞台はフランス、リヨン市のオペラ座

6月18日、日本二胡振興会主催「二胡縁」公演、初の欧州公演の舞台はフランス、リヨン市のオペラ座!約200年前の豪華な装飾が残るロビー、迷路みたいな楽屋裏、馬蹄形ホールとバルコニー席。わくわく感でいっぱいでした。日本人スタッフとして、午前中からオペラ座スタッフと打ち合わせ開始。仏語英語が飛び交う中で、興奮と緊張のままリハーサル、そして本番。1100名満員の会場でステージから見た光景は、一生忘れないと思います。感動しました。「中日仏メドレー」合奏後、♪「賽馬」でいただいた大大大拍手!! 本当に夢舞台でした。武老師、領事館の皆様、振興会事務局、共に頑張ったスタッフの皆様に心より御礼申し上げます。
演奏参加させていただき、感謝致します。

6月11日、長野メルパルクホテルにて、長野滋賀県人会様主催の「15周年記念コンサート」で演奏。様々なジャンルの楽曲で一時間のプログラム。喜んでいただけて、光栄です。参加メンバー、水井美真。

6月4日、信州新町美術館様主催のミュージアムコンサート「二胡の調べを楽しむ」で、一時間の演奏会。西沢今朝威画伯の素晴らしい作品が展示された企画展と音楽のコラボ。大きな窓の外に広がる翠色の湖と、大勢の皆様からの温かい拍手。素敵な時間をいただきました。選曲は♪「聴松」「拉駱駝」ほか。メンバー参加/鮎澤洋子、大久保千津子、上野佳子、増田孝子、市川玉枝、稲垣雪江。

日本二胡振興会主催「二胡縁 偉大なる二胡芸術家 閔恵芬を偲んで」~第6回 中国民族楽器の精鋭によるコンサート

5月19日、東京文化会館(小ホール)で行われた、日本二胡振興会主催「二胡縁偉大なる二胡芸術家 閔恵芬を偲んで」~第6回 中国民族楽器の精鋭によるコンサートに出演させていただきました。
生前の閔先生の演奏は、東京、上海、香港で聴く機会をもち、楽器から溢れ出る音の迫力、繊細な音色。

息をするのも忘れ見入ったことを思い出します。
時には語り手、時には歌い手となる二胡と共に、ステージでライトを浴びた先生の神々しかったこと。生で、身近で演奏を聴き、見ることができたことは、本当に幸せでした。そんな雲の上の大演奏家と、香港ではホテルで同じ部屋に宿泊させていただいたことは一生の思い出です。

在日演奏家9名の演奏も、閔先生へのオマージュを捧げる素晴らしい演奏でした。そして、憧れの朱昌耀先生!!! 本物!! 生演奏!! 作曲家が自ら演奏するとい贅沢な瞬間。
その演奏を聴き、見ることが出来る幸せ。
一秒も無駄にせず、感動に浸りました。先生の後ろで弾いた♪良宵♪賽馬、これまでの一番幸せな演奏となりました。

長野市主催「表参道芸術音楽祭」

4月29日、長野市主催「表参道芸術音楽祭」に今年も参加させていただきました。長野、上田、松本教室メンバーが出演。
お馴染みの顔あり、初めての顔合わせもあり。こんな楽しみも、イベント演奏機会の喜びです。「自由」も初挑戦となりました。

4月22日、小高い丘一面に水仙が咲き競い、桜満開の美しい信州国際音楽村での「ハーモニー文化祭」に、今年も出演。上田丸子教室メンバーで演奏させていただきました。
今回は、劉天華の楽曲「良宵」合奏などを初披露。
呼吸感が揃った運弓のふくよかな音色で、こだまホールに美しい名曲を響かせました。
演奏メンバーも満足感と達成感でいっぱい。練習した甲斐がありました。

コンサート「魔法の音楽の夕べ」

3月25日、戸隠観光協会様の主催による、とても素敵な名称のコンサート「魔法の音楽の夕べ」に呼んでいただきました。
戸隠、霊峰戸隠山がそびえたち、奥社・中社・宝光社などからなる戸隠神社への参拝で賑わう県内でも有数の観光地。
雄大な自然だけでなく、戸隠(とがくれ)流の忍者!や、人気店が揃うお蕎麦屋さんも有名。冬はもちろん、全国から集まるスキー客で大にぎわいですが、今回のコンサートのサブタイトルは「名残り雪、こころに沁みる二胡の調べ」というもの。
広ーいレストラン内に特設ステージが設置され、地元の皆様や、宿泊客の皆様に、色々なジャンルの曲目プログラムで、休憩をはさみ夜7時半から2時間!!楽しんでいただきました。
楽友会メンバーは、上野佳子、鮎澤洋子、増田孝子。
演奏後には、とろ~り美味しいラクレット料理をいただきました。
雪と星空と、地元の皆様の温かさに包まれて、会場全体が素敵な魔法にかかった演奏会でした。

2月4日、長野養護学校様からのご依頼で「卒業生のつどい」にて、二胡演奏会を行いました。

2月4日、長野養護学校様からのご依頼で「卒業生のつどい」にて、二胡演奏会を行いました。
会場の長野市サンアップルホールには大勢の卒業生や保護者の皆様がお集まりで、とても真剣に鑑賞して下さいました。
心のこもった御礼の品々、ありがとうございました。

Message&Report(2016)

春の訪れとともに、演奏機会が増えてきました。
3月は、上田越戸公民館でボランティア演奏。1時間の演奏会に、大勢お集まりいただいた地域の皆様に大変喜んでいただきました。
4月、恒例の信州国際音楽村「ハーモニー文化祭」。今年は花の季節が早く、丘一面の黄色い水仙や、見事しだれ桜がすでに満開。遠く、烏帽子岳のいつもの雪景色も、今年はすっきり春仕様。音楽村は、四季どの季節も美しい場所です。
練習を重ねた合奏や、二胡曲、初披露の中国曲も上手に演奏できました。
4月末からのGWに合わせた長野市イベント「表参道芸術音楽祭」は、市内からなんと!80超の団体が参加。音楽だけでも様々なジャンルが揃い、大賑わい。
プログラムは、「情熱大陸」で始まり、中国曲「女人花」「牧羊姑娘」「小花鼓」、それから「ふるさと」「リベルタンゴ」「シングシングシング」。最後は「喜洋々」。幅広い世代に喜ばれる選曲で、「長野に二胡あり!」をアピールできました。

演奏活動のご案内

6月11日、長野市開催「街角アート&ミュージック」に参加し、善光寺境内六地蔵尊の前特設ステージで演奏。特別な場所なので音源を使用せず、屋外で二胡のみ、合奏曲だけのプログラムで7曲披露。
参道から大勢の皆様と、大きな大きな六地蔵様に見守られての演奏でした。

7月2日は、昨年に引き続き「SBC大人の文化祭」で演奏。
大人世代には少し懐かしいJポップも選曲したプログラムで、ご来場に皆様と共に楽しい時間を過ごしました。

9月29日、東長野病院からのご依頼で、ボランティア演奏を行いました。
2会場で2公演。どちらも、入院療養中の患者様とそのご家族。
皆様がとても楽しみに待っていて下さった雰囲気が溢れ、演奏させていただく喜びを改めて感じた時間でした。

演奏活動のご案内

10月8日、長野市若里市民文化ホールで当会としては4年ぶりにチェンミン氏のコンサートを主催しました。
テーマは「美しい人の美しい二胡」。その言葉以上の圧倒的な美しさと華やかさに満ちたステージとなり、大勢のお客様を魅了しました。
贅沢なサウンドを作り出したフルメンバー、村石篤重/ギター、堀沢真己/チェロ、堀越彰/ドラム、佐藤史朗/ピアノ、 アコーディオンも素晴らしく、古典、二胡名曲、クラシック、洋和ポップス、唱歌、人気オリジナル曲など、渾身のプログラムで更に進化し続けるプロ魂を 披露してくれました。
清楚な白いドレスにため息、キュートな赤い衣装に歓声が上がり、大満足のコンサートでした。

10月24日、若穂公民館主催「人生講座」の講師として、講演会と演奏会を行いました。 たっぷり2時間の中身でしたが、大勢の皆様に熱心に聴いていただき、終了後も取り囲こまれ!?質問責めと、沢山の嬉しい感想をいただきました。

11月12日、東京で行われた「二胡縁 第4回中国民族楽器の精鋭によるコンサート 日中文化交流公演」に出演。日本初演となる「加林賽」を演奏。大変勉強になりました。

中野市立日野小学校にて二胡演奏会

12月5日、中野市立日野小学校にて二胡演奏会を開催していだきました。目をきらきらさせた全校児童と、先生及び職員の皆様、そして保護者や地域の皆様にお迎えいただき、楽器の紹介などをしながらの演奏披露。
途中「弾いてみたい人は?」の呼びかけに、全学年から大勢の手が上がり、びっくりしました。そして、4人の児童と校長先生に初弾きしていただいたら、なーんと、全員がきれいな音を出して、またまたびっくり!
当会メンバーである元校長先生登場によるサプライズ演奏や、音楽専科の先生が奏でるピアノとの共演、また久保ピコ太郎?の♪「二胡が二個」の受け狙いリズムネタあり、楽しい時間を過ごさせていただきました。
何より感動したのは、最後に児童全員による合唱のプレゼント。嵐の「ふるさと」を澄んだ綺麗な歌声で披露してくれました。感涙!!音楽の素晴らしさを共有し、子供たちから素直に音楽と向き合う原点を教えられた一日でした。
後日、全児童から心のこもった御礼メッセージや、演奏の感想文をいただきました。とても嬉しく思いました。

12月21日、上田市の老健「いずみの」で行われたクリスマス会に、上田教室のメンバーがお伺いしました。これで、3回目。楽しみにお待ち いただき、嬉しい限り。クリスマスならではの楽曲もいれたプログラムを披露し、喜んでいただきました。

演奏会

演奏会
演奏会

長野二胡楽友会/自主開催の演奏会を、これまで長野市ホクト文化ホール、松本市文化会館などで行い、好評を得ています。主催した「チェンミン長野公演」では、約80名の生徒さんが出演し共演。揃いの衣装で美しい音色を披露し拍手喝さいを浴びました。

久保里子/ご依頼があれば、どこへでも演奏に伺います。
二胡曲、中国民謡、日本古曲、童謡、和洋ポップス、ジャズ、タンゴなど多彩な選曲から、ご要望に応じ対応します。

イベント演奏

イベント演奏
イベント演奏

各種イベントを開催する各地区・各団体からの要請、またはお声掛けしていただき参加。その主旨に添ったプログラムや、季節ごとの選曲構成をして、お集まりいただいた大勢の皆さまの前で演奏披露。
二胡をまだ知らずに、偶然演奏を見て、聴いて知っていただく方も多く、年齢層も様々な皆さまに楽しんでいただける機会を提供しています。
長野市および近郊、上田市および近郊、松本市および近郊開催イベントにて活動。

ボランティア演奏

公共施設や介護、保育施設などからのご依頼があれば、喜んで演奏に出かけていきます。二胡の演奏を楽しみに待っていてくださる場所で演奏できることは、大きな喜びと張合いになっています。
未熟な演奏にも、涙を流されたり、時に一緒に歌を歌っていただくと、その歌声に胸が詰まるほど感動します。二胡が弾ける、というだけで、このような貴重な時間を共有し、喜びを分けていただける体験を、非常にありがたく思っています。当会が積極的に行い、大切にしている活動の一つ。一生懸命練習を重ね、真面目にボラ演奏に取り組む生徒さんたちの演奏には、心打つものがあります。
ご依頼は、長野県音楽ボランティア事業(ホクト文化ホール 026-226-0008)あるいは問合せフォームまで。
長野市および近郊、上田市および近郊、松本市および近郊に派遣対応。

セミナー・二胡イベント・主催公演

セミナー・二胡イベント公演開催

セミナー/著名な二胡演奏家をお招きし、講義や具体的な実践練習などの勉強会を開催しています。
これまでの講師は、武楽群先生、朱道忠先生、チェンミン先生ほか

二胡イベント/二胡を知らない方、二胡に興味はあるけれど実物を見たことも聞いたこともない人、興味があるので弾いてみたい人たちに、二胡と触れ合う場を提供するイベントです。
「25日は二胡の日」(街の中で行うどなたでも参加可能の無料体験会)ほか。

主催公演/著名な二胡演奏家の公演を主催します。地方にいると、本格的な演奏公演を身近で鑑賞する機会が少ないため、当会が企画・主催し開催しています。
次回の予定は、主催公演3回目となる「チェンミン 長野公演」。2016年10月開催。

レッスン見学、教室・入会申込、演奏のご依頼など、
二胡楽友会に関するご質問・お問い合わせは、メールにて承っております。

お問い合わせはこちら